「画狂人」北斎

November 23, 2019 to January 1, 2021

日本の絵師・葛飾北斎(1760〜1849)は、世界的美術品のシンボルとも言うべき《神奈川沖浪裏》というたった一つの傑作を以て、世界中に遍くその名を知られているといっても過言ではありません。しかし実のところ、その長い一生の間に、北斎は何千何万という作品を生み出しているのです。チャールズ・ラング・フリーアは、この芸術家の底知れぬ才能を他の多くのコレクターに先んじて見出し、スケッチや下絵なども含めた世界最大の北斎コレクションを築き上げました。1919年のフリーアの死後100周年と、2020年に東京で開催される夏季オリンピックを記念して、フリーア・ギャラリーは葛飾北斎の実り多き画業を1年間にわたって探求します。

会場には、六曲屏風の大作や掛軸はもとより、小さなスケッチに至るまで、大小様々な作品が展示されます。加えて、非常に珍しい版下絵―浮世絵版画を制作する際、これらの図案は版木に貼り付けられるため、多くの場合彫り進む過程で必然的に消滅する―も展示作品に含まれます。また、数多い注目すべき作品の中でも、日本の日常風景を時にユーモラスな筆致で描く《北斎漫画》は見逃せません。もし自分が110歳まで生きられたならば、やっと真の絵師となることが出来るであろうと考えた一人の天才芸術家の才能を、これら全ての作品は雄弁に物語ってくれます。

※公開終了日が、2021年1月まで延期されました。正確な終了日は、6月25日現在まだ発表されていません。

ジャンル

タグ

開催場所

フリーア&サックラー・ギャラリー

フリーア&サックラー・ギャラリー

総合案内

ワシントンD.C.
アメリカ合衆国
フリーア美術館
Freer Gallery of Art
Jefferson Drive at 12th Street SW
アーサー・M・サックラー・ギャラリー
Arthur M. Sackler Gallery
1050 Independence Ave SW
PO Box 37012, MRC 707
Washington, DC 20013-7012
U.S.A.
詳細については »