特別展 
流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美

October 2, 2019 to November 24, 2019

100年目の再会!――散り散りになった秘宝が最大規模で集結

36人の優れた和歌の詠み人「歌仙」を描く、鎌倉時代の名品「佐竹本三十六歌仙絵」。かつて2巻の絵巻物として伝わったこの作品は、大正8年(1919)に一歌仙ずつ分割され、別々の所有者のもとに秘蔵されました。2019年は、この「佐竹本三十六歌仙絵」が分割されてから、ちょうど100年を迎える年です。本展では、これを期に、離ればなれとなった断簡を展覧会としては過去最大となる規模で集め、皆様にご覧いただきます。大正、昭和、平成の世を越え伝えられた、秘宝中の秘宝。平安・鎌倉時代に花開いた王朝美術の名品とあわせて、「佐竹本三十六歌仙絵」と、それを生んだ宮廷文化が放つ、最高の美の世界をご堪能ください。

ジャンル

タグ

開催場所

京都国立博物館

京都国立博物館

総合案内

〒605-0931 
京都市東山区茶屋町527
詳細については »